富山県は11日、新たに県内で新型コロナウイルスの感染者22人を確認したと発表した。1人の死亡が確認された。累計の感染者は4674人、死者数は45人となった。

 新たに感染したのは、富山、射水、南砺、砺波、魚津の各市在住の10歳未満~60代の男女。年齢別では20代の6人が最も多く、次いで10代の5人、10歳未満と30代の各3人などと続いた。症状別では中等症が1人、軽症18人、無症状3人。

  重症者が1人増

 11日午前10時現在、県内で入院中の患者は131人(前日比3人減)で、うち重症者は9人(同1人増)となっている。

  

無断転載・複製を禁じます