2020年1月1日、サッカー天皇杯決勝が行われた国立競技場

 日本サッカー協会は9日、第101回天皇杯全日本選手権の決勝を12月19日に東京・国立競技場で開催すると発表した。準決勝は同12日に行う。天皇杯決勝は元日が恒例になっているが、早めに大会を終えることで選手の休養期間を確保する。

 12月のクラブワールドカップ(W杯)の日本開催を断念したため、空いた期間を利用した。来年1月にW杯アジア最終予選が入ったことも背景にあり、次回以降は再び元日決勝を基本に日程を調整する。

無断転載・複製を禁じます