富山県は7日、県内の10歳未満から50代の男女21人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。新規感染者が30人を下回るのは3日連続で、累計4608人となった。

 新規感染者は富山市と上市町が各6人で、黒部、氷見、南砺市が各2人、滑川、砺波市と入善町が各1人。年代別では20代が7人で最も多く、次いで40代が6人だった。中等症が4人、軽症が15人で、2人は無症状。

 16人は感染が判明した家族の濃厚接触者だった。上市町では家族6人が感染していた。感染経路が不明なのは5人で、1人は8月下旬に東京を訪れていた。入院者数は前日比14人減の173人、自宅療養または入院調整中は同9人減の242人となった。

  済生会富山病院、濃厚接触者ら陰性

 職員1人の感染が判明していた済生会富山病院は7日、濃厚接触者の事務員1人が検査で陰性だったと発表した。感染した職員と同じ部署に所属する他の職員も全員陰性だった。

無断転載・複製を禁じます