天日干しされるヘチマ=射水市中野

 二十四節気の一つで、草花に朝露が付くころとされる「白露(はくろ)」の7日、富山県内は気圧の谷の影響を受け、曇りだった。最高気温は南砺市高宮で27・6度、朝日町で27・3度など、全10観測地点で25度以上の夏日となった。

 射水市中野の「へちま産業」では、同市大島地区特産のヘチマの天日干し作業が最盛期を迎えている。水に浸して表面の皮をむいたヘチマは、晴天の下で1、2日乾燥させた後、たわしや靴の中敷きなどに加工される。作業は11月上旬ごろまで続く。

無断転載・複製を禁じます