陸上自衛隊金沢駐屯地は6日、部下のトラブルを上司に報告しなかったとして、第14普通科連隊の男性陸曹長(52)を減給1カ月(30分の1)の懲戒処分にしたと発表した。

 駐屯地によると、陸曹長は2019年2月18日、規律違反となるトラブルを把握していたが、報告を怠った。陸曹長は「軽微なもので報告しなくていいと思った」と話しているという。根本勉連隊長は「再発防止に努める」とコメントした。

無断転載・複製を禁じます