中国戦に向け調整する遠藤航(手前)ら=ドーハ((C)JFA)

 【ドーハ共同】サッカーの日本代表は5日、2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア最終予選第2戦の中国戦に向け、ドーハで冒頭15分以外を非公開として調整した。初戦黒星を喫した日本は7日午後6時(日本時間8日午前0時)キックオフの一戦で最終予選初勝利を狙う。

 公開された冒頭部分では吉田(サンプドリア)らがランニングなどウオーミングアップで体をほぐした。追加招集されたオナイウ(トゥールーズ)も加わり、23人がそろった。

 7大会連続の本大会出場を目指す日本は国際サッカー連盟(FIFA)ランキングで24位、中国は71位。

無断転載・複製を禁じます