智弁和歌山―智弁学園 1回表智弁和歌山2死一、三塁、渡部が左中間に適時二塁打を放つ=甲子園

 智弁和歌山が16安打9得点の猛攻で、快勝した。

 一回に渡部の適時二塁打などで4点を挙げ、試合の主導権を握った。六回以降も小刻みに加点。八回には徳丸の2点二塁打、九回には渡部のソロ本塁打で突き放した。

 先発の伊藤は四回途中2失点。2番手で登板した中西は、伸びのある直球と鋭い変化球で8奪三振。5安打に抑えて、得点を許さなかった。バックも堅い守備でもり立てた。

 智弁学園は先発の西村が立ち上がりに制球の甘いところを突かれて、5回4失点。2番手の小畠も勢いを止めることができなかった。打線は二回に谷口の三塁打などで2点を返したが、要所を締められた。

無断転載・複製を禁じます