近江戦に先発した智弁和歌山・中西=甲子園

 智弁和歌山が快勝した。中西は4安打1失点で完投。直球やカーブで緩急を使ってコースに投げ分け、的を絞らせなかった。要所では切れのあるスライダーを交えて10三振を奪った。

 打線は11安打を放った。一回に角井の適時二塁打、岡西の適時打で2点を先制。六回は大仲の2点二塁打で引き離した。

 近江は山田が威力のある速球で押して七回途中4失点と粘ったが、援護できなかった。山田の適時打で1得点を挙げた三回に畳み掛けられなかったのが痛かった。

無断転載・複製を禁じます