JR旅客6社は18日、6~17日のお盆期間に新幹線と在来線特急などの主要線区を利用した人数が前年同期比31%増の505万1千人だったと発表した。新型コロナウイルス禍前の前々年と比べ68%減で、1991年以降、2番目に少ない。

無断転載・複製を禁じます