敦賀原発2号機の審査中断を決定した原子力規制委の定例会合=18日午前、東京都港区

 日本原子力発電敦賀原発。奥から1号機、2号機=福井県敦賀市

 原子炉建屋直下を通る断層が活断層かどうかが焦点となっている日本原子力発電敦賀原発2号機(福井県)の審査資料を原電が不適切に書き換えた問題を巡り、原子力規制委員会は18日の定例会合で、審査中断を決めた。原電の体制改善が確認できるまで再開しない方針で、時期は見通せない。

 規制委は「断層などの審査において、事業者の評価結果の妥当性を審議するには、審査資料の信頼性確保が必要だ」と指摘。更田豊志委員長は会合で「科学的な作法にのっとってもらわないと話にならない」と、原電の姿勢を厳しく非難した。

無断転載・複製を禁じます