気象庁は17日、西日本から東北、北海道まで19日にかけて非常に激しい雨が降る恐れがあるとして、土砂災害や浸水、川の増水や氾濫に厳重に警戒するよう呼び掛けた。前線の活動は19日ごろから次第に弱まる見込み。

 気象庁によると、前線上の低気圧が日本海を北東に進み、18日夜には北海道付近まで北上するとみられる。低気圧や前線に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込むため、大気が不安定な状態がまだ続きそうだ。

 18日夕方までの24時間予想雨量は多い場所で四国250ミリ、中国、東海200ミリ、九州南部、近畿180ミリ、九州北部、関東甲信、東北、北海道120ミリ。

無断転載・複製を禁じます