17日の東京外国為替市場の円相場は1ドル=109円台前半で取引された。

 午後5時現在は前日比08銭円高ドル安の1ドル=109円32~33銭。ユーロは19銭円高ユーロ安の1ユーロ=128円69~73銭。

 前日に米長期金利が低下し、日米金利差縮小を意識した円買いドル売りが優勢だった。アフガニスタン情勢緊迫化や新型コロナウイルス感染拡大を受け、安全な通貨とされる円を買う動きもあった。

 市場では「午後は新たな取引材料が少なく、様子見ムードもみられた」(外為ブローカー)との声があった。

無断転載・複製を禁じます