外務省は17日、アフガニスタンの治安状況悪化を受け、首都カブールにある日本大使館の職員12人が同日、友好国の軍用機で出国し、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイに退避したと発表した。15日をもって在アフガニスタン大使館を一時閉館し、トルコのイスタンブールに臨時事務所を設置した。

 外務省によると、アフガニスタンには国際機関や非政府組織(NGO)に所属する少数の日本人が出国を希望せず、滞在しているという。同省は臨時事務所を通じて在留邦人と連絡を取り合う。

 外務省は、同国への渡航は目的のいかんを問わず控えるよう呼び掛けた。

無断転載・複製を禁じます