JR鹿児島中央駅で掲示された、九州新幹線熊本―鹿児島中央間の運転見合わせのお知らせ=17日午前、鹿児島市

 崖の一部崩落が確認されたため、捜索活動が中断されている土砂崩れ現場付近=17日午前、長崎県雲仙市(同市提供)

 気象庁=東京都港区虎ノ門

 停滞し続ける前線の影響で、西日本から東北では18日にかけても大雨になる恐れがある。気象庁は17日、引き続き土砂災害や低地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重な警戒を呼び掛けた。雨はその後も続く見込みで、総雨量はさらに増えそうだ。

 気象庁によると、前線が中国・華中から西日本を通り、日本の東へ延びている。対馬海峡付近にある前線上の低気圧は、18日にかけて日本海へ進み、前線は同日夜に北海道付近まで上がる見込み。低気圧や前線に暖かく湿った風が流入し、非常に不安定な大気の状態が続く。前線は20日ごろにかけて停滞するという。

無断転載・複製を禁じます