ミャンマーの民主派支持を示す3本指をデザインしたラベルのビールとTシャツ

 国軍の弾圧が続くミャンマーの市民を支援しようと、熊本県大津町のクラフトビール専門店が民主派支持を示す3本指をデザインしたラベルのビールを販売している。国軍のクーデターから半年余り。支援の輪は広がり、同じデザインのTシャツを販売する古着店も。収益は支援団体を通じ全額寄付する。

 ビールの販売は、国際交流基金のスタッフとして3月までヤンゴンで勤務した同町の大塚麻里子さん(38)と、幼なじみのクラフトビール店代表田上晃子さん(38)が発案した。田上さんは「熊本地震では世界中から支援を受けた。お礼がしたい」と話す。

 熊本市の古着店も賛同し、Tシャツを販売している。

無断転載・複製を禁じます