ロシアのサハ共和国で広がる山火事=7日(タス=共同)

 【モスクワ共同】ロシア極東シベリア地方で山火事が広がっている。今年に入り既に約16万平方キロを焼失し、過去最大規模となる可能性がある。二酸化炭素(CO2)が大量に発生し、生態系への影響や温暖化を加速させるとの懸念が出ている。

 ジニチェフ非常事態相は12日、被害が集中する極東サハ共和国を訪問し、消火活動を指揮。プーチン大統領も今月上旬にウラル地方の現場を視察し、態勢強化を命じた。

 火災は4月ごろから拡大。近年続く気温上昇や乾燥した気候が主な要因とみられる。人口の少ない地域だが、一部集落が被害を受けた。人的被害は確認されていない。

無断転載・複製を禁じます