報奨金1億円の目録を手に笑顔のフェンシング男子エペ団体で金メダルを獲得した見延和靖=10日、群馬県高崎市

 男子エペ団体で優勝を果たし、抱き合って喜ぶ(左から)山田優、見延和靖、加納虹輝(背中)、宇山賢の日本チーム=幕張メッセ

 東京五輪フェンシング男子エペ団体で日本勢として初の金メダルを獲得した見延和靖選手(34)が10日、群馬県高崎市で行われた所属先のネクサスの報告会に出席し、報奨金1億円が渡された。事前に告知されず、サプライズでの贈呈で「緊張とは違う、体の震えを感じている。無駄に使わず、活躍するとこんな夢があると後輩に伝えたい」と語った。

 2024年パリ五輪も目指す意向で「団体2連覇、個人でも金メダルで2冠を達成できるように頑張る」と意欲を新たにした。男子エペ団体は見延選手を中心に強化を図り「じーんと感動させるチーム」という思いを込めて「エペジーーン」を合言葉に戦った。

無断転載・複製を禁じます