幻想的に光る手作りのあんどん=上市町の弓庄公民館

 上市町の弓庄公民館で6日、田植えの際に目印を付ける農具「ころがし」に障子紙を張った手作りのあんどんに光がともされ、夏の夜を幻想的に彩った。

 最大で長さ3メートルほどのころがし6点を、花や動物、疫病を鎮めるとされる妖怪「アマビエ」などの切り絵で飾った。昔話「桃太郎」を題材にした切り絵をあしらったあんどんには、公民館利用者が新型コロナ終息の願いや将来の夢などを記したカードも貼られた。点灯は12日まで。

無断転載・複製を禁じます