大阪市中央区の繁華街・ミナミの道頓堀川で2日夜、男性が突き落とされ溺死した事件で、大阪府警は5日、殺人容疑でドミニカ共和国籍の住所不定、無職クルス・カブレラ・ブライアン・アルベルト容疑者(26)を逮捕した。府警は被害者について、ベトナム国籍の無職チン・トゥ・アインさん(21)=大阪市西成区=と判明したと明らかにした。

 逮捕容疑は、2日午後8時20分ごろ、大阪市中央区心斎橋筋2丁目の戎橋近くの歩道で、アインさんの顔を多数回、殴ったり蹴ったりし、川に転落させ殺害した疑い。「弁護士と話してからでないと話せない」と認否を保留している。

無断転載・複製を禁じます