【サンパウロ共同】ブラジル保健省は4日、新型コロナウイルスの感染者が2002万6533人になったと発表した。累計感染者が2千万人を超えたのは米国、インドに続き3カ国目。死者は最多の米国に次ぐ55万9607人。

 ワクチン接種が進み人口の5割近くが1度目の接種を終えた。1日当たりの死者数や病床占有率は減少しているが、ブラジルメディアによると、サンパウロ州などで高齢者の入院者数が再び増加している。

 接種が完了した人口は約2割にすぎず、医療関係者らは国民の気の緩みに警鐘を鳴らす。デルタ株の感染や死亡例が増加しており、接種後もマスク着用などの必要性を強調している。

無断転載・複製を禁じます