ガソリンスタンドでの給油

 経済産業省が4日発表した2日時点のレギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均小売価格は、7月26日時点の前回調査と比べて20銭安い158円20銭だった。値下がりは9週ぶり。

 調査した石油情報センターによると、石油輸出国機構(OPEC)加盟・非加盟の産油国でつくる「OPECプラス」が原油協調減産の縮小で合意したことなどを背景に原油価格が下がり、小売価格に反映された。来週は小幅な値上がりを予想している。

 地域別では28都道県が値下がりした。最大の値下がり幅は東京の1円30銭で、愛知の1円00銭、福島の90銭が続いた。値上がりは16府県。

無断転載・複製を禁じます