女子フライ級準決勝 3回、ブルガリア選手(左)を攻める並木月海=両国国技館

 並木月海=1日

 東京五輪第13日の4日、ボクシング女子フライ級準決勝で並木月海(22)=自衛隊=がストイカジェリャスコバ・クラステバ(35)=ブルガリア=に判定で敗れた。3位決定戦がないため銅メダル獲得が決まり、3日に金メダルに輝いたフェザー級の入江聖奈(20)=日体大=に続く日本女子2人目の表彰台。

 千葉県出身。153センチと小柄ながら軽快なフットワークを持ち味に、2018年世界選手権で銅メダルを手にした。日本勢女子初出場の今大会も順当に勝ち上がった。

無断転載・複製を禁じます