体操の男子種目別鉄棒で獲得した金メダルを手にする橋本大輝=有明体操競技

 19歳の橋本は個人総合「金」と団体総合「銀」に続いて種目別鉄棒でも金メダルを獲得し、大会公式の情報サイトによると体操男子で10代でのメダル3個獲得は史上3人目の快挙となった。

 過去の例は1972年ミュンヘン五輪のアンドリアノフ(当時ソ連)と92年バルセロナ五輪の李小双(中国)で、いずれも金1、銀1、銅1。橋本は金2、銀1の好成績で往年の名選手を超えた。

無断転載・複製を禁じます