叡王戦5番勝負の第2局で藤井聡太二冠(左)に勝利した豊島将之叡王=3日、甲府市(日本将棋連盟提供)

 藤井聡太二冠(左)、豊島将之叡王

 将棋の藤井聡太二冠=王位・棋聖=(19)が豊島将之叡王(31)に挑む第6期叡王戦5番勝負の第2局は3日、甲府市で指され、161手で先手の豊島叡王が勝ち、対戦成績を1勝1敗のタイに戻した。初の叡王を目指す藤井二冠はシリーズ初黒星を喫した。豊島叡王は初防衛が懸かる。

 両者は、先に開幕した王位戦7番勝負と合わせ“12番勝負”となっていて、王位戦は藤井二冠が2勝1敗とリードしている。叡王戦第3局は9日、名古屋市で行われる。

 叡王戦5番勝負は1日制で、持ち時間各4時間。先に3勝した方が叡王を獲得する。

無断転載・複製を禁じます