自民党の鴨下一郎元環境相

 自民党の鴨下一郎元環境相(72)=衆院東京13区=は次期衆院選に立候補せず、議員を引退する意向を固めた。関係者が2日、明らかにした。

 鴨下氏は医師で、1993年衆院選に日本新党から初当選し、現在9期目。自民党入りし、厚生労働副大臣、環境相、党国対委員長を歴任した。所属する石破派では事務総長を務めている。

無断転載・複製を禁じます