陸上女子砲丸投げの表彰式で、頭上で両手を交差させて「X」の形になるポーズをつくる、銀メダルを獲得した米国のレーベン・ソーンダーズ=1日、国立競技場

 東京五輪の陸上女子砲丸投げで銀メダルを獲得したレーベン・ソーンダーズ(米国)が、1日の表彰式で「抑圧された人々」への連帯を示す抗議行動を行っていたことが2日、分かった。AP通信によると、頭上で両手を交差させて「X」の形になるポーズをつくった。表彰式では今大会初の抗議行動とみられる。五輪憲章は表彰式での表現が処分対象になると明記している。

 黒人の同選手は同性愛やうつ病を公表していた。国際オリンピック委員会のアダムス広報部長は2日の記者会見で「米国オリンピック・パラリンピック委員会や世界陸連と接触している」と述べ、処分対象になるかどうかについて明言は避けた。

無断転載・複製を禁じます