石川県は1日、乳児から90歳以上までの81人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。1日当たりの新規陽性者数が80人以上となるのは5日連続で、県内で療養する人は809人と初めて800人を超えた。感染者の累計は5186人となる。

  重症者数変わらず

 県の指標のうち、直近1週間の新規感染者数は645人で6日連続、感染経路不明者数は314人で8日連続過去最多を更新。病床使用率も45・3%(197人)と前日より悪化した。重症者用病床使用率は12・8%(5人)で前日と変わらない。

 新規感染者81人のうち、クラスター(感染者集団)では、スポーツ活動関係と金沢競馬場関係でそれぞれ1人の陽性が分かった。累計はいずれも13人。クラスターを除く濃厚接触者と接触者は45人で、感染経路不明者は34人である。1人が中等症で、残りは軽症か無症状となっている。

 年代別では、30代が17人で最も多く、10代が15人、10歳未満と40代が各12人などと続く。60代以上は8人で、全体の1割程度にとどまる。市町別では金沢市が最多の50人だった。

  金沢市中央卸売市場で1人感染

 金沢市中央卸売市場は1日、市場内事業者の従業員1人が新型コロナに感染したと発表した。市場内に濃厚接触者はいない。同市若草町の認定こども園子供の家は園児1人の陽性が分かり、4日まで休園する。日本郵便北陸支社も支社員1人が感染した。

 金沢市教委は城南、紫錦台両中の生徒各1人の感染を明らかにした。校内を消毒し、感染拡大の恐れはないとしている。そのほか、市立学校6校に通う計6人も陽性となった。

 生徒の感染が確認された錦丘高はPCR検査を実施した生徒6人が陰性で、2日から学校を再開する。職員の感染で一部の窓口を閉鎖していたハローワーク金沢も2日、通常の業務体制に戻る。

  能登町で4人

 能登町は1日、30代男性の町職員1人と松波小児童1人、松波こども園に通う園児1人が感染したと発表した。公立宇出津総合病院職員1人の陽性も確認した。松波小は3日まで児童と教職員の自宅待機を実施する。

無断転載・複製を禁じます