酒提供終日自粛

 政府は30日、新型コロナウイルス対応のまん延防止等重点措置を8月2日から31日まで石川県に適用することを決定した。これを受け、県は金沢市を重点措置の対象とし、市内の飲食店への営業時間短縮要請を同22日から31日まで延長、2日からは終日の酒類提供自粛を求める。金沢に次いで7月の感染者が多い白山、野々市両市の飲食店にも2~31日に時短を要請する。

【関連記事 認証店に協力金上乗せ】

【関連記事 「今回が最後の覚悟」】

【関連記事  県内110人感染 新たに1人死亡 金沢競馬場でクラスター】

 飲食店への時短は金沢市内が午後8時までで、カラオケ設備の利用自粛も求める。白山、野々市両市は午後9時までで、酒類提供は同8時まで。

 要請に応じた店舗にはコロナ対応の改正特別措置法に基づき、協力金を支給する。重点措置の金沢市内では支給額が上乗せされ、市内のコロナ対策認証店には県独自でさらに協力金を増額する。要請に応じない場合、知事は時短命令ができ、命令にも従わなければ過料を科すことができる。

 金沢市内の1千平方メートルを超える集客施設にも午後8時までの時短を要請し、応じれば協力金を支給する。協力金は支給されないが、同市内の1千平方メートル以下の施設と、白山、野々市の施設にも時短を依頼する。

 県は7月26日から金沢市内の飲食店に時短を求めている。31日から認証店を除いて終日の酒類提供自粛を要請すると決めていたが、混乱を避けるため、31日と8月1日はこれまで通り、酒類提供は午後8時までとする。

無断転載・複製を禁じます