名画と触れ合う美術ファン=金沢21世紀美術館

 19世紀の名画を集めた「ミレーから印象派への流れ展」(北國新聞社主催)は30日、金沢21世紀美術館で開幕した。ミレーやモネ、ルノワール、セザンヌらの油彩画69点が並び、来場者はフランス絵画の黄金期を築いた傑作群と触れ合った。

【関連記事 心穏やかに名画と対話】

 今展では、自然主義的な作風のバルビゾン派から、印象派やポスト印象派、ナビ派へとつながる美の系譜を紹介している。8月29日まで。入場料は一般1200円、中高生800円、小学生600円。

無断転載・複製を禁じます