体操男子個人総合決勝の鉄棒の演技を終え、健闘をたたえ合う中国の肖若騰(左)と橋本大輝=28日、有明体操競技場

 東京五輪の体操男子個人総合で、金メダルだった橋本大輝との接戦の末、銀メダルを獲得した中国の肖若騰が30日までに中国の会員制交流サイト(SNS)で「選手への過度な攻撃はやめてほしい」と呼び掛けた。橋本の跳馬の得点が不当に高かったとして誹謗中傷がSNS上で広がっていることを念頭に置いた発言とみられる。

 肖は「皆が中国選手や自分を引き続き応援してくれるのを望んでいる」とつづった上で、選手への攻撃をやめるように求めた。また「スポーツ選手は皆すごい。選手は皆、目標のために努力している」と記した。(共同)

無断転載・複製を禁じます