東京証券取引所=東京・日本橋兜町

 29日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反発した。終値は前日比200円76銭高の2万7782円42銭。半導体などハイテク銘柄の値上がりが目立ち相場をけん引した。中国政府によるインターネット企業規制に対する懸念がいったん和らいだことも投資家心理を支えた。

 東証株価指数(TOPIX)は7・78ポイント高の1927・43。出来高は約11億6900万株。

 前日に米連邦準備制度理事会(FRB)が量的緩和の早期縮小などに慎重な姿勢を示したことで米長期金利が低下。業績下支えへの期待から米ハイテク株が値上がりしたことを好感し、東京市場でもハイテク銘柄が上昇した。

無断転載・複製を禁じます