バドミントンの男子ダブルス準々決勝で、園田啓悟、嘉村健士組(トナミ運輸)がアーサン、セティアワン組(インドネシア)に1―2で敗れ、4強入りを逃した。 

無断転載・複製を禁じます