ドライブスルーの専用レーンでは、スタッフが商品を車に積み込んでくれる=白山市横江町

 イオンモール白山(白山市横江町)の核テナントであるイオンスタイル白山は28日、食品をドライブスルーで受け取れる専用レーンの供用を開始した。同店を運営するイオンリテール(千葉市)によると、専用レーンの設置は石川県内で初めてとなる。

 約3万点の商品が掲載されているウェブサイトで注文し、オンライン決済をすると、スタッフが食品を集荷する。指定した時間に車で専用レーンに行くと、スタッフが車に商品を積み込んでくれる。

 イオンリテールが取り組むサービス「イオンネットスーパー」の一環で、かほく市のイオンスタイルかほくでは、タクシーや送迎車用の場所を使ってドライブスルーに対応している。

 専用レーンはイオンモール白山の敷地の北東部分にあり、車3台が止められる。福口正店長は「子ども連れやコロナ対策を気にする方に使ってほしい」と利用を呼び掛けた。

 ドライブスルーを利用した野々市市の40代女性は「用事の合間に受け取れて便利。また使いたい」と話した。

無断転載・複製を禁じます