宮元市長(右)にロゴの完成を報告するJA職員=28日午前11時11分、加賀市役所

 JA加賀の加賀梨部会は28日、加賀市役所を訪れ、宮元陸市長に加賀梨のロゴマーク完成を報告した。同市は県内最大級のナシ産地であり、出荷や販売の際にロゴを活用してブランド力の向上を目指す。

 ロゴマークは市内の主要なナシ産地である小塩辻町と奥谷町の頭文字「O(オー)」を二つ重ね合わせて、一つのブランドであることを示した。今後は商標登録を目指す。小塩辻梨生産組合の瀬戸聖和組合長は「ブランド化に向けて活用していきたい」と話した。

無断転載・複製を禁じます