トレーニング前に日本の試合を振り返る北國銀行ハニービーの選手=金沢市のいしかわ総合スポーツセンター

 北國銀行ハニービーの選手たちは白山市の社員寮でハンドボール女子で活躍するチームメイトの初勝利をライブ映像で見届け、歓喜の声を上げた。

 「始めから勝ちに行った試合だった」。五輪代表候補に選ばれていた永田美香選手(27)は、果敢な攻めから勝利への執念を感じ取ったといい、「目標はもっと先にあると思う。そこに向かって頑張ってほしい」とエールを送った。

 松本ひかる選手(26)は「一緒にコートに立ってきた仲間の活躍はうれしいし、うらやましさも感じる」と話し、午後からいしかわ総合スポーツセンター(金沢市)でウエートトレーニングに精を出した。

 荷川取(にかわどり)義浩監督は「この1勝に満足せず、2勝、3勝してもっと上を目指してほしい」と激励した。

 小松市立高ハンドボール部監督として石立真悠子選手の指導に当たった古橋幹夫さん(64)は「初戦と違って動きが良かった。退場者が出たりと我慢の試合だったが、よく持ちこたえた」とたたえた。

無断転載・複製を禁じます