金沢地方気象台によると、台風8号の接近により、石川県内は28日にかけて大雨となる恐れがある。

 24時間降水量は加賀、能登ともに多い所で、28日午前6時までに60ミリ、28日午前6時~29日午前6時に50~100ミリを予想している。同気象台は土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意を呼び掛けている。

 27日の県内は曇りや雨となった。正午までの最高気温は小松30・6度、金沢30・2度など6地点で「真夏日」を記録した。

無断転載・複製を禁じます