警視庁は27日、東京五輪・パラリンピックの警備を担う「特別派遣部隊」として兵庫県警機動隊から派遣された20代の巡査長や巡査計3人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。24、25日には同隊の9人の感染が明らかになっており、感染者は計12人となった。

 警視庁によると、12人と共に東京都府中市の警察施設に宿泊していた約40人を都内の別施設に隔離している。別の部隊を投入するため警備に支障はないとしている。

 一般市民を含め濃厚接触者はいない。宿泊施設は個室だったが、警視庁は共用部分から感染が広がった可能性があるとみており、マスクの常時着用などを改めて指示した。

無断転載・複製を禁じます