競泳女子400メートル個人メドレーで優勝し、喜ぶ大橋悠依=25日、東京アクアティクスセンター

大橋「金」 競泳女子400メートル個人メドレー

 東京五輪第3日の25日、競泳女子400㍍個人メドレー決勝で日本女子のエース、大橋悠依(25)=イトマン東進=が4分32秒08で優勝し、今大会の競泳陣で初、日本選手団では2個目の金メダルを獲得した。この種目では日本初で、2000年シドニー五輪「銀」の田島寧子以来の表彰台。

 平泳ぎで五輪2大会連続2冠の北島康介を育てた平井伯昌コーチに師事。貧血などに苦しんだが、人一倍の負けじ魂で乗り越えた。174㌢の細身で海外勢にパワーでは劣っても、水の抵抗を抑えた泳ぎを身につけた。

 16年リオデジャネイロ五輪後に台頭した。世界選手権では17年に200㍍個人メドレーで2位、19年に400㍍個人メドレーで3位と活躍した。遅咲きのスイマーが、たゆまぬ努力を初めて挑んだ五輪で結実させた。

無断転載・複製を禁じます