台風6号の予想進路(24日9時現在)

 大型で強い台風6号は24日、東シナ海を北寄りに進んだ。沖縄と奄美は暴風雨や高波が続き、気象庁は浸水や河川の氾濫などに厳重な警戒を呼び掛けた。台風8号は南鳥島近海を北上中で27日にかけて発達しながら北・東日本の太平洋側に接近する見通し。ボートの競技日程が変更になるなど東京五輪に影響が出始めている。

 6号は24日正午現在、宮古島の北北西約240キロの海上を時速約15キロで北北西へ進んだ。中心気圧は960ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は55メートルで中心の東側260キロ以内と西側150キロ以内が風速25メートル以上の暴風域。

無断転載・複製を禁じます