男子60キロ級準々決勝 ジョージア選手(右)と対戦する高藤直寿=日本武道館

 混合ダブルス1回戦を突破し、準々決勝進出を決めて喜ぶ水谷隼(左)、伊藤美誠組=東京体育館

 女子シングルス1次リーグ パキスタン選手と対戦する山口茜=武蔵野の森総合スポーツプラザ

 射撃の女子エアライフルで優勝、今大会の金メダル第1号となった中国の楊倩=自衛隊朝霞訓練場(ロイター=共同)

 混合ダブルス1次リーグ デンマークペアと対戦する渡辺勇大(上)、東野有紗組=武蔵野の森総合スポーツプラザ

 東京・お台場の五輪マークのモニュメント

 東京五輪第2日の24日、本格的に競技が始まった。柔道男子60キロ級の高藤直寿(28)と、女子48キロ級の渡名喜風南(25)=ともにパーク24=がそろって準々決勝に進んだ。卓球の新種目、混合ダブルスで水谷隼(32)=木下グループ、伊藤美誠(20)=スターツ=のペアも勝ってベスト8。射撃の女子エアライフルで楊倩(中国)が優勝、今大会の金メダル第1号となった。

 バドミントンの女子シングルスの山口茜(24)=再春館製薬所=と、混合ダブルスの渡辺勇大(24)東野有紗(24)組=日本ユニシス=はともに初戦を白星で飾った。日本勢は最初のメダルが、夏冬通算で500個目となる。

無断転載・複製を禁じます