高松ぶどうを使ったデラフラッペ(右)とデラサンデー=かほく市の道の駅高松

 かほく市ののと里山海道高松サービスエリア「道の駅高松」は、地元特産「高松ぶどう」のソースとかき氷をカップに入れたフラッペを考案した。23日から販売し、特産品の魅力を「涼」とともに感じてもらう。

 かき氷とソフトクリームの「デラフラッペ」はデラウェアを皮ごとピューレにしたソースを入れた。1杯600円(税込み)。9月中旬までの夏季限定となる。

 ソフトクリームにデラウェアのソースをかけた「デラサンデー」も考案した。1杯380円(同)。通年で販売を予定する。里山館と里海館の両方で販売する。

無断転載・複製を禁じます