選手村へ出発するロシアのテコンドー選手=21日午前8時半、穴水町の国民保養センターキャッスル真名井

 穴水町で東京五輪の事前合宿を行っているロシア・テコンドーチームの選手ら5人は21日朝、町内の宿泊先から都内の選手村に向けて出発した。

 滞在先の国民保養センターキャッスル真名井前では、町職員ら約10人が見送った。選手らは笑顔で手を振り、穴水で調整を続ける他の選手らと健闘を誓って抱き合った。

 21日に出発したのは、チーム総勢17人のうち選手、コーチ各2人と監督の計5人で、残る2選手らは24日に選手村入りする。

無断転載・複製を禁じます