ソフトバンクの田浦文丸投手

 ソフトバンクは20日、田浦文丸投手(21)が新型コロナウイルスの感染を調べるPCR検査で陽性と判定されたと発表した。発熱などの症状はないという。21日の1軍練習は取りやめ、チーム全体でPCR検査を受ける。同日のウエスタン・リーグの広島戦は実施する方針。

 20日に球団が自主的に行ったスクリーニング検査で陽性の疑いとなり、福岡市内の病院で再検査して判明した。現在、保健所による濃厚接触者の判定を待っており、可能性のある選手とスタッフは自主隔離している。

無断転載・複製を禁じます