発売された「風神10段ソフトクリーム」=南砺市の道の駅いなみ木彫りの里創遊館

 南砺市の道の駅いなみ木彫りの里創遊館は19日、館内に飾られている井波彫刻の大作「八乙女風神太鼓」をイメージした「風神10段ソフトクリーム」を発売した。中高生などから人気を集め、初日は103個を売り上げた。

 ソフトクリームを作る際にクリームを10回にわたって巻いており、同館によると通常の約3倍の大きさ。先行して「観音10段ソフトクリーム」を販売している道の駅万葉の里高岡(高岡市)と共同開発した。一つ200円(税込)で、カップ入りで100円(同)のミニサイズもある。

 道の駅いなみ木彫りの里創遊館の江尻大朗館長は、「コロナ禍で利用客が激減した中、ソフトで大勢の人の笑顔を見ることができてうれしい。今後も新商品を開発したい」と話した。

無断転載・複製を禁じます