富山県は16日、県内で新たに高岡市の10代男性3人が新型コロナウイルスに感染し、県西部の高校でクラスター(感染者集団)が発生したと発表した。県内でのクラスター発生は6月18日以来となる。

 いずれも県西部の学校に通う男子生徒で、7月10日、11日に高岡市内の体育館で行われた県外の運動部の練習試合で感染したとみられる。この練習試合に参加して感染した別の生徒2人と合わせて、県は県内32例目のクラスターが発生したとの認識を示した。

 県は部活動に参加していた生徒や顧問、コーチのほか、クラスメートの検査を進めている。

 このほか、県内の感染者4人から新たに「L452R」の変異株が確認された。県はインド由来の「デルタ株」か調べる。県内の感染者は累計2075人となった。23人が入院中で、2人が重症となっている。

無断転載・複製を禁じます