オンライン大会の申し込み方法を紹介する動画の一場面

 金沢マラソン組織委員会は14日までに、オンライン大会の申し込み方法を紹介する動画配信を始めた。公式ホームページや動画投稿サイト「ユーチューブ」の公式チャンネルで閲覧できる。申し込みは16日に始まる。

 オンライン大会の期間は9月10日~10月10日の1カ月間で、フルマラソン(42・195キロ)に加え、今年はハーフ(21・0975キロ)、ウルトラマラソン(100キロ)、ファミリーラン(10キロ)の各部門が新設された。参加者はGPS機能付きのスマホを持って走り、アプリに走行距離が記録される。

 参加者には、来年の金沢マラソン本大会の優先出場権が抽選で贈られる。定員は1万人。16日午後8時からエントリーサイト「RUNNET(ランネット)」で申し込みを受け付ける。

 金沢マラソン組織委は県と市、北國新聞社などで構成する。

  24、25日に教室

 組織委は24、25日、体幹強化や柔軟性の向上に効果があるとされる「ピラティス」を取り入れたランナー向けの教室を開く。ランニングアドバイザーの市河麻由美さんが講師を務め、2日間で130人が参加する。

無断転載・複製を禁じます