富山県は8日、これまでに公表している感染者からインド由来のデルタ株の疑いがある「L452R変異株」の陽性事例が2件確認されたと発表した。ゲノム解析でさらに詳しく調べる。「L452R変異株」が県内で確認されるのは初めて。

 8日、県内で新たに確認された新型コロナウイルス感染者は5人。県内の感染者は累計2056人となった。

 新たに感染したのは、富山、氷見市内に住む30代~70代の男性2人、女性3人。うち1人が中等症、3人が軽症、1人が無症状。

 8日午前10時現在、県内で入院中の患者は20人で、うち重症者は1人。

無断転載・複製を禁じます