男子優勝の金沢学院大

 中部学生バドミントン選手権(6日・津市産業スポーツセンター)団体は男女ともに金沢学院大が決勝で敬和学園大を破って優勝した。

 男子は準決勝で愛知淑徳大、女子は南山大をそれぞれ下した。男子は4月の北信越大会で敗れた敬和学園大にリベンジを果たし、坂井一将監督は「選手が力を発揮し、5年ぶりの優勝につながった」と喜んだ。

 ▽男子決勝

金沢学院大 3-1 敬和学園大

 ▽女子決勝

金沢学院大 3-2 敬和学園大

無断転載・複製を禁じます