新型コロナの県内発生状況

医療圏別感染者数

 石川県は3日、金沢、かほく市の男女8人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県の指標は直近1週間の感染経路不明者数が15人となり、6月24日以来のステージ2・注意報相当に上がった。感染者の累計は3949人となった。

 県の指標は全4項目が前日から悪化。2日まで9日連続でゼロだった重症者数は、6月23日以来の1人に増えた。直近1週間の新規感染者数は22人で、4日が7人以上となった場合、ステージ2・注意報相当の基準である28人を上回る。

 3日公表の8人は20~50代で、2人が感染者の接触者。このうち、金沢市の30代男性は県職員で、県独自の緊急事態宣言解除後の6月下旬、私用で県外を訪れていた。残る6人は感染経路が不明となっている。症状は金沢市の40代男性が中等症で、7人が軽症。

 県内で治療中の人は31人で、前日から5人増えた。そのうち入院は28人、宿泊療養ホテルの入所者は2人で、1人が入院か宿泊療養ホテルに入るか調整している。

無断転載・複製を禁じます