菅首相との面会後、取材に応じる大阪府の吉村洋文知事=2日午後、首相官邸

 国から自治体への新型コロナウイルスワクチン供給が滞っている問題で、大阪府の吉村洋文知事は2日、菅義偉首相や加藤勝信官房長官と官邸でそれぞれ会い、長期にわたり緊急事態宣言が発令された大都市圏などを「ワクチン接種重点地域」に指定し、優先供給するよう要望した。首相は「ワクチン(接種)全体を早く進めていきたい」とのみ応じた。加藤氏は8月までの自治体への供給計画を早急に示す考えを伝えた。

 吉村氏は面会後、記者団に「考え方自体は受け止めてもらえた」と話す一方、「その先は国が今後検討することだ」とし、具体的な言及は避けた。

無断転載・複製を禁じます